ひきこもりから我が子を救う方法



私の育て方が間違ってはいなかったか?
子どもの将来が不安で不安でしょうがない、と
あなたは、悩んでいないですか。

実はあることを理解するだけで、
あなたの子供の不登校や引きこもりを
自宅で解決する方法があります。

詳細はこちらをクリック


-  |  次の3件 »

ひきこもりでニートだった場合、 いきなりの就職は厳しい

2012-03-20 16:55   ニート

自分の子供がひきこもりでニートになるときがあります。、
お父さん,お母さんの心労は,大変だと思います。

低年齢ひきこもっているなら,
「すぐに状況が好転するかもしれない,と希望も持てます。
しかし、ひきこもりで就職しなければならない年齢になってもいる場合があります。

将来を考えると心配になります。悲観的にさえなってしまいます。
親としては、とりあえず何処でもいいから就職して貰いたいと願います。

ただ、ひきこもりでニートだった場合、
いきなりの就職は厳しいものがあります。
まずは、アルバイトなどの短期就業から始めたいものです。

徐々に社会生活に慣らしていく方が、
結果的には良いかと思います。
バイトも見つからないときは,職業訓練を受けさせてみるのも方法だと思います。
職業訓練の場合にはIT技術を勉強させてくれるコースもあります。

プログラミング技術やネットワークのメンテナンス系等の技術を
習得する事ができますね。
人と接する事が苦手な人でも十分に就職する事が可能となります。

いきなりニートから就職させる事よりも、ハードルを下げて,
とにかく社会に出て働く気持ちにさせる事が先決だと思います。
その為には、本人の気持ちが一番大切になります。

親の元で何不自由のない生活をしていると、
自立する意識も弱くなるかもしれませんね。

親はどのように接していけば良いのでしょうか。
そのヒントがあります。 >>詳細はこちらをクリック
          

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供のひきこもりで両親が気になることは勉強

2012-02-25 08:21   ひきこもり

子供のひきこもりで両親が気になることは,多いかと思います。
もちろん、将来に関することだと思います。
勉強が遅れたりして受験に不利にならないかどうか。

留年してしまわないかどうか,
などの勉強の面に、焦りを抱くご両親が多いと思います。

ただ,ひきこもりが長期化してしまうと、
そんな事は,ある意味どうでも良くなります。
それよりも家庭内の家族の関係を改善が先決です

ひきこもりさえ治れば良いと思ってきます。
でも、やはり、勉強の遅れは気になるでしょうね。

最近では、ひきこもりの子どもが増加していることで
社会問題化していることもあります。

学校や自治体でもひきこもりの子どもに対する
支援が色々行われるようになりました。
しかし,市町村によっても対応はまちまちです。

そんな中、急成長し始めているのがあります。
引きこもりで不登校の子を対象にした家庭教師なんです。

カウンセラーやセラピストを兼ねた方が
家庭教師として派遣されている団体もあります。

また,ひきこもりを克服して進学した大学生などが
派遣される団体などもあります。

セラピストによる勉強&精神面のカウンセリングを兼ねた家庭教師は,
とてもありがたいですね。

また,元ひきこもりを克服して、
大学進学を果たした経験者というのは、
本人にとってとても心強くなります。

また、不登校の子を専門に受け入れている学校も増えてきました。
不登校の子ばかり集まった学校ですから、
仲間意識も芽生えやすいと思います。

そこで元気に登校できるようになる子が多いようです。
>>詳細はこちらをクリック
タグ:ひきこもり
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもがひきこもりになる原因は何?

2012-02-22 20:11   原因

自分の子どもがひきこもりになってしまうと、
親としてはとても悩みます。

その一番の大きな理由が、
「原因が分からない」というところですね。

子どもがひきこもりになった場合、
親としては少しでも早く学校に行けるようにさせたいと思います。

そして、その為には学校で起こったであろう
何らかの原因を突き止め用とします。
それを解決することで問題の解決につながると思うのです。

しかし、本人に聞いても答えることはありません。
だんだん、長期化していくのが常です。

では、子どもがひきこもりになる原因は
何がかんがえられるのでしょうか?
もちろん、ひきこもりになる引き金は一人一人全く違います。

何らかのいじめが存在したりします。
あるいは,ちょっとからかわれただけだったり、
失恋だったりします。

ひきこもりは,何が引き金になるかは分かりません。
でも、共通していることがあります。

それは、ひきこもりになる子どもたちの多くが、
両親に対して心を開けないことが多いと言うことです。
つまり、根本原因は家庭の中にあることが多いです。


いじめなども関係しているかもしれませんから、
そういった事実があれば改善しなければなりませんね。

それ以前に、子どもが両親にさえ
心を開かないというところが問題だと言えます。

それは常に抑圧されてきて、
両親にさえNOと言えずに育ってきたその環境にあります。
それによって創り上げられてしまった性格があります。

両親の不和などが原因で、
両親を信頼できなくなった環境があります。

そういった家庭環境や両親との関係に
何らかの問題があるケースが多いようです。
>>詳細はこちらから

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
これからFXするならマネーパートナーズ