ひきこもりも潜在意識を利用して改善していく - ひきこもりから我が子を救う方法



私の育て方が間違ってはいなかったか?
子どもの将来が不安で不安でしょうがない、と
あなたは、悩んでいないですか。

実はあることを理解するだけで、
あなたの子供の不登校や引きこもりを
自宅で解決する方法があります。

詳細はこちらをクリック


ひきこもりも潜在意識を利用して改善していく

2011-06-13 05:19   改善

潜在意識を見方にすると良いことがあります。
ひきこもりも潜在意識を利用して改善していくことについて説明していきます。
潜在意識ときくと、なんとなく難しく考えてしまいがちですね。
これは簡単に言うと「脳の癖」のようなものなのです。

潜在意識というのは、自分自身で決めた通りに動いてくれようとします。
何よりも誰よりも一番の味方でいてくれるのです。
しかし、決めていた行動をとることができなかったり、諦めてしまうと大変です。

ネガティブな考えも生み出すことがあるので一番の敵にもなりかねないのです。
何かをしようとした時、必ず「これから○○○をします!」と宣言しましょう。
そうしてから、始めてみてください。

「朝、目が覚めたら一杯の水を飲もう!」とか。
本当に簡単なことから始めてみるとよいでしょう。
もし、そこで水を飲まずに違うことがしたくなったら、
それが潜在意識が敵になっているということです。

やると決めたことを毎日実行できるようになったら、
次のステップの「セルフイメージを高める」に移ります。
セルフイメージを高める行動とは、周囲の人達から受け入れられる行動をとることです。

セルフイメージも大きくひきこもりに関係があります。
外に出られるような状態であれば、ボランティアなんかをしてみるのもいいでしょう。
趣味を実践すれば、セルフイメージを高める行動の一つになります。

新しいことをしようとすると、先程お話したように敵の潜在意識が出てくるかもしれませんね。
その敵に邪魔され、行動を起こせなかったとしても、大丈夫です。
決してネガティブなイメージを引きずらないでいることこそが大切なことです。

それが、自分を変えさせてくれるのです。
できなかったとしてもいいのですね。

いちいち気にしないでいられるようになれば、
きっとひきこもりからも脱出できるようになるはずです。
焦らず、少しずつ前進ですね。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告スペース
これからFXするならマネーパートナーズ