子どもがひきこもりになる原因は何? - ひきこもりから我が子を救う方法



私の育て方が間違ってはいなかったか?
子どもの将来が不安で不安でしょうがない、と
あなたは、悩んでいないですか。

実はあることを理解するだけで、
あなたの子供の不登校や引きこもりを
自宅で解決する方法があります。

詳細はこちらをクリック


子どもがひきこもりになる原因は何?

2012-02-22 20:11   原因

自分の子どもがひきこもりになってしまうと、
親としてはとても悩みます。

その一番の大きな理由が、
「原因が分からない」というところですね。

子どもがひきこもりになった場合、
親としては少しでも早く学校に行けるようにさせたいと思います。

そして、その為には学校で起こったであろう
何らかの原因を突き止め用とします。
それを解決することで問題の解決につながると思うのです。

しかし、本人に聞いても答えることはありません。
だんだん、長期化していくのが常です。

では、子どもがひきこもりになる原因は
何がかんがえられるのでしょうか?
もちろん、ひきこもりになる引き金は一人一人全く違います。

何らかのいじめが存在したりします。
あるいは,ちょっとからかわれただけだったり、
失恋だったりします。

ひきこもりは,何が引き金になるかは分かりません。
でも、共通していることがあります。

それは、ひきこもりになる子どもたちの多くが、
両親に対して心を開けないことが多いと言うことです。
つまり、根本原因は家庭の中にあることが多いです。


いじめなども関係しているかもしれませんから、
そういった事実があれば改善しなければなりませんね。

それ以前に、子どもが両親にさえ
心を開かないというところが問題だと言えます。

それは常に抑圧されてきて、
両親にさえNOと言えずに育ってきたその環境にあります。
それによって創り上げられてしまった性格があります。

両親の不和などが原因で、
両親を信頼できなくなった環境があります。

そういった家庭環境や両親との関係に
何らかの問題があるケースが多いようです。
>>詳細はこちらから

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告スペース
これからFXするならマネーパートナーズ