ひきこもりでニートだった場合、 いきなりの就職は厳しい - ひきこもりから我が子を救う方法



私の育て方が間違ってはいなかったか?
子どもの将来が不安で不安でしょうがない、と
あなたは、悩んでいないですか。

実はあることを理解するだけで、
あなたの子供の不登校や引きこもりを
自宅で解決する方法があります。

詳細はこちらをクリック


ひきこもりでニートだった場合、 いきなりの就職は厳しい

2012-03-20 16:55   ニート

自分の子供がひきこもりでニートになるときがあります。、
お父さん,お母さんの心労は,大変だと思います。

低年齢ひきこもっているなら,
「すぐに状況が好転するかもしれない,と希望も持てます。
しかし、ひきこもりで就職しなければならない年齢になってもいる場合があります。

将来を考えると心配になります。悲観的にさえなってしまいます。
親としては、とりあえず何処でもいいから就職して貰いたいと願います。

ただ、ひきこもりでニートだった場合、
いきなりの就職は厳しいものがあります。
まずは、アルバイトなどの短期就業から始めたいものです。

徐々に社会生活に慣らしていく方が、
結果的には良いかと思います。
バイトも見つからないときは,職業訓練を受けさせてみるのも方法だと思います。
職業訓練の場合にはIT技術を勉強させてくれるコースもあります。

プログラミング技術やネットワークのメンテナンス系等の技術を
習得する事ができますね。
人と接する事が苦手な人でも十分に就職する事が可能となります。

いきなりニートから就職させる事よりも、ハードルを下げて,
とにかく社会に出て働く気持ちにさせる事が先決だと思います。
その為には、本人の気持ちが一番大切になります。

親の元で何不自由のない生活をしていると、
自立する意識も弱くなるかもしれませんね。

親はどのように接していけば良いのでしょうか。
そのヒントがあります。 >>詳細はこちらをクリック
          

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告スペース
これからFXするならマネーパートナーズ