ひきこもりから我が子を救う方法



私の育て方が間違ってはいなかったか?
子どもの将来が不安で不安でしょうがない、と
あなたは、悩んでいないですか。

実はあることを理解するだけで、
あなたの子供の不登校や引きこもりを
自宅で解決する方法があります。

詳細はこちらをクリック


ひきこもりで親がやってはいけないこと

2012-02-21 21:29   ひきこもり

子どもがひきこもりになってしまうと、
両親としては大変心配です。

一日も早く学校に行けるよう,
少しでも早く通常の生活に戻れるようにと,
そればかり考えてしまいますね。

ですから、、初期の段階では、多くの場合,
両親は子供に次のようなことを聞きます。

○学校で何があったのか
○何か嫌なことがあったのか
○まさか虐められているのか

しかし,多くの場合、子供たちは,何も語りません。
何を聞いても答えないことのほうが多いようです。

そうなると最初は下手に出て話を聞こうとしていた両親も、
次第に「ただ甘えているだけ」「ただ怠けているだけ」と
考えるようになっていきます。

今度は親として叱って矯正させようとする人が多くなります。
顔を合わせるたびに「学校へ行きなさい」と言います。
場合によってはしつこく問い詰めたり批判してしまうことになります。

親としては教育のつもりなのです。
しかし,それがひきこもりを助長させてしまうことになるのですね。
子どもが引きこもってしまうのは何故でしょうか?

誰にだって一歩外へ出れば嫌なことがあるものですね。
それ以上に楽しいことも沢山あるのに,引きこもってしまうのは、
それほど外に嫌なことがあるという事なのでしょう。

まずはその事を充分に理解したいものです。


タグ:ひきこもり
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひきこもりも潜在意識を利用して改善していく

2011-06-13 05:19   改善

潜在意識を見方にすると良いことがあります。
ひきこもりも潜在意識を利用して改善していくことについて説明していきます。
潜在意識ときくと、なんとなく難しく考えてしまいがちですね。
これは簡単に言うと「脳の癖」のようなものなのです。

潜在意識というのは、自分自身で決めた通りに動いてくれようとします。
何よりも誰よりも一番の味方でいてくれるのです。
しかし、決めていた行動をとることができなかったり、諦めてしまうと大変です。

ネガティブな考えも生み出すことがあるので一番の敵にもなりかねないのです。
何かをしようとした時、必ず「これから○○○をします!」と宣言しましょう。
そうしてから、始めてみてください。

「朝、目が覚めたら一杯の水を飲もう!」とか。
本当に簡単なことから始めてみるとよいでしょう。
もし、そこで水を飲まずに違うことがしたくなったら、
それが潜在意識が敵になっているということです。

やると決めたことを毎日実行できるようになったら、
次のステップの「セルフイメージを高める」に移ります。
セルフイメージを高める行動とは、周囲の人達から受け入れられる行動をとることです。

セルフイメージも大きくひきこもりに関係があります。
外に出られるような状態であれば、ボランティアなんかをしてみるのもいいでしょう。
趣味を実践すれば、セルフイメージを高める行動の一つになります。

新しいことをしようとすると、先程お話したように敵の潜在意識が出てくるかもしれませんね。
その敵に邪魔され、行動を起こせなかったとしても、大丈夫です。
決してネガティブなイメージを引きずらないでいることこそが大切なことです。

それが、自分を変えさせてくれるのです。
できなかったとしてもいいのですね。

いちいち気にしないでいられるようになれば、
きっとひきこもりからも脱出できるようになるはずです。
焦らず、少しずつ前進ですね。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引きこもりを改善するために、最近では様々な種類の自己啓発本が出版

2011-06-04 11:47   改善

引きこもりを改善するために、最近では様々な種類の自己啓発本が出版されていますね。
多くのセミナーも開催されています。
セラピストや催眠療法家の方が書かれている引きこもり改善に関する本などもあります。

これは、結構高評価で多数のレビューが書かれたりしていますね。
ですから、実際に読んで使ってみてもいいのではないかと思います。
本を読んでみて脳の癖をクリアーにしたりすることができます。

本に書かれているような行動を起こして、
自分にとってプラスになるような考え方を吸収できれば、一番良いですね。
実際に著者自身が以前、心の病で悩んでいたことが書かれている書籍もあります。

著者本人も心の病を患っていたことから、
そんな時の心の癒し方がわかりやすく説明されていたりします。
毎日の辛さなど共感できたりする部分も多くあると思います。

色々な本を読んでみて、自分自身が一番しっくりくるやり方を
実践してみるのもいいかもしれません。
自己啓発セミナーに足を運べるような状態であれば、
セミナーへ行ってみるのもいいでしょう。

セミナーに行き、人見知りだった自分を改善できるかもしれません。

毎日漠然とした不安や悩みなどマイナスイメージしか持てなかったけど
プラスに変える方法を見つけることもできるかもしれませんね。
自己啓発セミナーの目的は、「新たな可能性を切り開く」
「本当の自分を見つけよう」だったりします。

自己啓発セミナーの中には悪徳なセミナーもありますから、
注意してもらいたいと思います。
本を読んだり、セミナーに行くのは、おすすめです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
これからFXするならマネーパートナーズ